施術案内

治療のベースは温熱療法

ラジオ波 3ラジオ波2flir0341

基本的にアイシングはケガの直後、もしくは患部に熱・発赤・皮下出血が認められたときのみで、それ以外は温熱療法が不可欠です。

スポーツをする前にウォーミングアップをするのは当たり前です。

急な激しい動きに筋肉や腱が対応できるように準備運動で身体を温めるのは誰もが無意識に行っています。

硬くなった筋肉を運動による発熱(温熱)とストレッチで柔らかくしているわけですね。

1日の疲れを癒すのにお風呂に入るという習慣も、温泉で湯治を行う習慣も古くから日本で行われています。

しかしながら、当院に来院される多くの方がシャワーのみで、入浴をしっかり行っているという方は少ないです。

ギックリ腰も含め、お湯に浸かると緊張がほぐれて楽になったという経験をした方は多いと思います。

これほど心地よい温熱効果を知っているにも関わらず、どこの治療院に行ってもいきなりマッサージしたり、鍼をしたり、捻ってみたりと、これでは硬いお餅を手で力いっぱいこね回すようなもの。

硬いお餅もつきたてや、一度レンジで温めるとどうなるでしょう?

また柔らかくなり、伸びもよくなります。

一度熱が入ったお餅はそれが冷めるまではしばらく柔らかさが持続しますよね。

ソフトビニール成型されたものなどは筋肉や身体に例えやすいですね。

どんなに曲がっても、つぶれても、熱いお湯に浸せばまた元の形に戻ります。

これが他の治療院と当院の決定的な効果と持続性の違いです。

筋肉はよく形状記憶合金にも例えられます。

慢性化したり、瘢痕化した筋組織は手技や鍼では効率よくほぐすことは不可能です。

たとえ一時的に力技でほぐしたとしても、形状記憶合金ですから元の形に戻ろうとします。

また、深層筋にアプローチするには超音波以上の高周波が不可欠です。

超音波以上の高周波は患部の組織の温度を2~4℃近く上昇させ、ミクロマッサージ効果は皮下6cm以上まで伝えるることができます。

残念ながら、手技や入浴でも遠赤外線でもここまではできません。

火傷をするか強烈な揉み返しが襲ってきます。

さて、治療の前に十分に温熱療法を行っている治療院はあるでしょうか?

来院される方、利用される方の多くは肩こりや慢性腰痛などです。

それなのに、温熱療法もやらないでマッサージするだけ。

これでは「その時は気持ちいいけど、1歩外に出たら・・・」という言葉が出るのが当たり前だとは思わないでしょうか?

症状や目的に合わせて施術を受けられます

当院では大きく分けて3つ
・治療
・整体
・美容

治療は、「痛み」を伴う症状や、中々改善できない辛さや、動きの制限などを目的としております。

ケガやギックリ腰、寝違えなどの急性症状及び中々改善されない症状の治療と、むち打ちなどによる交通事故治療の二つがあります。

ケガは早く治療すればするほど回復が早まります。より早い回復を希望される場合はマイクロカレント(微弱電流)のご自宅での使用をおすすめいたします。当院で購入の場合は18800円(税別)です。

04-nano-img-250x206nano-yoko

ギックリ腰や寝違えなどの症状は1回~3回で通常通りの動きができるようになります。

その他の座骨神経痛や腰痛、股関節痛、膝の痛み、足底筋膜炎などは数分で効果が現れます。

急性の椎間板ヘルニア、五十肩、テニス肘、腱鞘炎などは治療の回数が必要となりますので本当に治療に取り組みたい方には、その症状が改善されるまで、特別対応いたしますのでご相談ください。

交通事故治療は自賠責保険であれば基本的に自己負担金は必要ありません。詳しくは専門ページへ。


完全予約制です