頭痛、眼精疲労、顎の痛み、睡眠不足によるだるさ

頭痛・眼精疲労

<対応可能な症状>
・首や肩の緊張からくる頭痛
・パソコン作業による目の疲れ
・睡眠不足による疲労、だるさ
・顎の痛み、口が開きづらい
・顔面の神経痛、三叉神経痛 etc.
上記の症状に対応いたします。

当院では圧倒的にホームページを見て来院される会社員(SE、ウェブデザイナー等) の方が多く、仕事はほぼデスクワーク中心です。
長時間同じ姿勢で画面に向かうことが多く、訴えてくる症状も 酷似しています。そのほとんどが足のだるさ、むくみ、腰の痛み、背中のハリ、手首やひじの痛み、 肩のコリ、首の痛み、頭痛、眼精疲労です。
特にパソコン画面やスマホを頻繁に見ていることで肩コリからくる緊張性の頭痛や ドライアイなどの眼精疲労が目立ちます。

延寿堂の頭痛・眼精疲労・顎関節のトラブルへのアプローチ

<全体療法>
・超短波療法と高濃度酸素によるストレス軽減とホットアイによるドライアイ軽減。
・吸い玉療法によるカッピングで背中全体の緊張緩和。
・炭酸ミストによる血行促進とハーブによる清涼感。

cupping

<局所療法>
・超音波、ラジオ波による頚部及び顔面、顎関節の緊張緩和。
・ハイボルテージによる頭部の痛みの緩和
・ヘッドスパによる頭部の緊張緩和。

治療の目安

回数 次回来院目安 治療目標
1回目(初診) 痛みの軽減
2回目(再診) 初診から3日以内 痛みの軽減及び動きの改善
3回目 再診から1週間以内 全体の調整、補強
4回目以降 10日から2週間程度 疲労及び違和感の改善

予防法

・メディフローに枕を変えてみる。
・高反発マットレスを使用してみる。
・クール&フィットを首、肩にこまめにスプレーしてみる。
・入浴中に吸い玉Qを使って、気になるところの血流を良くする。・炭酸濃度濃い入浴剤を使用してみる。
・入浴後、ストレッチボード、ストレッチポールを使用してみる。

サポートアイテム

施術後も快適に過ごしていただくために、延寿堂ではサポートアイテムをご用意しております。

快適な眠りを約束してくれる・・・好みの高さに調整可能なメディカルピロー「メディフロー」
夏でも快適な高反発マットレス・・・カスタマイズ可能な「フォーシーズンズEXⅡ」
入浴タイムにカッピング・・・「スイダマQ」
眠気にも首筋にスプレー1吹き・・・ハーブの爽やかな香り「クール&フィット」
携帯に便利ポケット治療器・・・微弱電流フィジオナノ

どれも院長が探しぬいた逸品です。 詳しくはこちらへ⇒販売


24時間予約OK!メール予約フォーム
完全予約制です