延寿堂オリジナル きくち式カッピング

リーブ法(留缶法・多缶法)一気に広範囲に施術できる!

sui

延寿堂の吸い玉療法は基本的に多缶法・留缶法を用います。

多缶法とは一度に沢山のカップを吸着させる方法で、留缶法とは吸着後、しばらくカップを着けたままにする方法をいいます。

カップを背中に吸着させた際、中が真空に近くなりますので、皮膚を引っ張られるような感覚があります。

その強さは吸引圧やカップの個数によっても異なります。
吸い玉経験者の方も延寿堂のカッピングを受けると 「こんなにカップを着けてもらったのは初めて!」と喜ばれます。

また、臨床経験も豊富な為、カップを着ける場所についても一番作用する筋肉を狙いますので 効果は抜群です。

何も背中だけでなく、色々な箇所にカッピング可能です。

CIMG9933CIMG0277CIMG6517

座骨神経痛へのアプローチや骨盤調整なども同時に施術することもできます。

20140619_183049CIMG9799

ぎっくり腰妊娠中の場合などうつ伏せがつらい場合は座った姿勢や横向きなどでも施術可能です。お気軽にご相談ください。

IMG_0131CIMG9817

延寿堂では、初回は弱めで反応を診ます。最初の数分は痛みを感じる場合がありますが、 5分もしないうちに血行が良くなり、温かく感じ心地良くなっていきます。

 

ウェーブ法 筋ポンプと関節へのアプローチで更に動きが良くなる!

ウェーブ法については、延寿堂が最もこだわった方法です。

延寿堂使用のカッピングパルサーは、 メーカーである株式会社医工の当時の社長とやり取りをしながら、 機械の試作段階から完成まで約5年近く待って2011年にやっと出来上がった第1号機となります。

cpa

シリコン製のカップを使用することで肩関節やひざ関節、足首、足裏などあらゆる曲面に対し、 吸着させることが可能となりました。吸着した面の最大吸引圧と最低吸引圧を設定することにより 波が来るような「揉み」を再現することができる施術法です。

特に関節を挟み込むことで四十肩や膝、足の捻挫のリハビリにも効果大です。

リーブ法との組合せで相乗効果大です。

CIMG0563CIMG0896CIMG0709CIMG1052CIMG0710CIMG9926CIMG9929CIMG0626CIMG9904

 

スライド法 赤い丸い跡を残さずに筋膜リリースやセルライトケアができる!

赤い痕を残したくない方にお勧めのカッピングです。
オイルを塗布したあと、専用のアタッチメントを用いスライドさせていきます。
オイルに関しては抗酸化作用の高いグレープシードオイルを使用しています。 通常のガラスカップを使ったスライド法とセルライト対策用のローラーカップを使用したものがあります。

CIMG0431

背中だけでなく、足や腕、顔にも施術可能です。

施術後のリフトアップ感が人気です。

セルライト対策用のアタッチメントは揉みだし効果もあり、頑固なセルライトを揉みほぐしていきます。

se

 

 


24時間予約OK!メール予約フォーム
完全予約制です