歯科に行って感じたこと

子供にもらったグミを噛んでて、奥歯の詰め物がとれました。

ちょうど歯科検診に行こうと思っていた矢先だったので予約して行ってきました。

予約時間より20分ほど待たされ、治療開始。

以前よりスタッフが増えている。

院長以外は全て女性。

歯科医師と助手の区別はほとんどつかない。

でも医療機関(病院)での治療となると、「痛いのでは?」「怖い」といった不安は必ず伴ったりします。

しかし、今日の担当歯科医師は女性で、マスクをしたまま喋るので聞こえづらいというのはあったけど、とにかく丁寧。

随分前に詰めた金属は、結局奥歯の中で虫歯が進行していたため、鏡でみせてもらい新たに汚れを削り、金属も作り直すことにしました。

まず、神経が残っているので綿に染み込ませた表面麻酔を噛んで数分。

次に麻酔薬の注射をするのだが、昔のよくある注射器ではなく、パッと見では注射には見えない筒状のものをあてていくのだが全く痛みがない。

よく見るとハリは着いているが、本当にチクリともしない。

注射を怖がる子供には最適だと思った。

麻酔が効くまでの間、上下の型を取り、更に超音波で全ての歯の洗浄を行なってくれた。

うがいしたら血だらけ。

だいぶ歯の磨き方がよくなかったようだ。

麻酔も充分に効いたころに汚れ部分の除去をしてもらうが、一切痛みはなし。

少々顎が疲れるが、とにかく「こうされると痛いとか」、「これぐらいの時間で疲れてくる」とかも考慮しながら治療をしてくれる。

同じように身体の治療も、患者さんの立場になって進めると「うつぶせは苦しくないか?」「寒くないか?」「痛くないか?」など色々参考になる。

当院では開業以来、患者さん目線でなるべく判断し、快適に治療を受けられるよう努力しつづけているが、やはり一人治療院だと施術する側ばかりに立つため、たまには自分のやってる施術をじっくり受けてみるのも大切だと考えている。

そうすることで、更に快適なポジショニングやより効果的なアプローチなどが生まれてくる。

幸い日曜・祝日はスタッフがいるのでこれを実践していける環境が整った。

整骨院、歯科医院、美容院などの職種はある種の共通点が多く、コンビニと同様全国で4万5万軒ほどの数になる。

昔のままのスタイルでは生き残れない。

単なる技術屋ではなく、患者目線での個々のニーズに応えるサービスや、新しい知識を常に取り入れ、最先端の機器をいかに使いこなせるかが重要になってきた。

まだまだうちも進化しなくては。
illust3166